隠れ層とニューロンの最適な数を決める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

概要

何冊かAIの本を読んだ後、いざ自分の手でAI作ろうと思ったら、いきなりつまずきました。

隠れ層はどのくらい用意すればいいのか?ニューロンの数はどれくらいが最適か?

いわゆる初期設定の部分をどうすればいいのか全くわかりませんでした。

この記事では、この疑問の解決に参考になった記事を紹介します。

紹介記事

(1)『隠れ層と隠れニューロンはいくつにするべきなのか?』

(URL)https://webbigdata.jp/ai/post-1491

簡単な例を交えて、必要となる、隠れ層の数やニュートロンの数を解説しています。
図解があるので、理解がはかどりました。

(2)『ニューラルネットワークを用いた手書き文字認識』

(URL)https://nnadl-ja.github.io/nnadl_site_ja/chap1.html

(1) で紹介した記事のような、隠れ層・ニューロンの数の最適数を議論した記事ではありませんが、「手書き数字を分類する単純なネットワーク」の章で、ニュートロンの数をどう設定するべきかの説明があります。

機械的に、ニューロンの数を決められるのではないのだなというのがわかります。

~FXを始めてみませんか?~

XMは、口座を開設するだけで、3000円のボーナスが無料でもらえます。
資金はないけど、FXを試しに挑戦してみたい方でも大丈夫です。
(サイト主もXMを使用しています)

     

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください