ダブルボトム・ダブルトップ手法のEA(早期エントリーの廃止)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

概要

以前以下の記事でダブルボトム・ダブルトップ手法を検証しました。

ダブルボトム・ダブルトップ手法が有効かMT4で検証する

この時のトレードルールでは、以下の2つのタイミングでエントリーしています。
(1)ネックラインとサポートラインの中間を超えたタイミング(早期エントリー)
(2)ネックラインを超えたタイミング

この記事では、(1)のようなW(M)字が完成する前にエントリーするパターンを廃止します。

(2)のパターンのみで取引した場合の結果を検証します。

このようなダブルボトム・ダブルトップを使用した手法はよく書籍で紹介されるオーソドックスな手法です。

例えば、以下の書籍でも似たような手法が紹介されています。
・『FXで稼ぐ人のテクニック Vol.4 少額資金からの稼ぎ術』(インフォレスト)の第5章

ソースコード

※以下のソースコードは、
『FXメタトレーダー実践プログラミング (現代の錬金術師シリーズ)』(豊嶋久道)
で紹介されているライブラリーを使用しています。
そのため、コピペだと動きません。

結果

考察

プロフィットファクタは1.34とまあまあです。

以前の記事で検証したルールでは、プロフィットファクタは1だったので、改善はされています。

気になるのは、1回あたりのドローダウンが大きい場合があります。

W(M)字の縦幅が大きい場合の損切ルールは別途考えた方がいいかもしれません。

改善点

(1)W(M)字の縦幅が大きい場合の損切ルールは別途考える

(2)以下の2つを同時に満たす場合、取引チャンスを逃す場合がある
・Zigzagインジケータの最新の点が現在の足である
・W(M)字のネックラインを超えていない

関連記事

~FXを始めてみませんか?~

XMは、口座を開設するだけで、3000円のボーナスが無料でもらえます。
資金はないけど、FXを試しに挑戦してみたい方でも大丈夫です。
(サイト主もXMを使用しています)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください